読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こいわずらい

現実と空想の狭間に視える景色

舞台『ブラックダイス』感想 -演じるということ-

f:id:koiwaslie:20170426215428j:plain

劇団Flying Trip様の舞台『ブラックダイス』
4月23日の夜A公演を観劇した。

伊波杏樹さんが主演の舞台ということもあり、舞台上で役者として輝く彼女の姿を生で見たいというのが、当初の目的だった。
しかし、観劇して、舞台全体を通して思うこと、感じとったことを言葉にしたくなったため、今回初めて、舞台の感想を文章として綴ろうと思う。
舞台を実際に見られた方、そして今回は都合が合わずに観劇できなかった方にも、どうか舞台を通じて視えた景色、得た感情が伝わりますように。

以下、当舞台のネタバレを含みます、ご注意ください。

ブラックダイスにおいて印象的な側面をいくつか挙げてみよう。
たとえば、主人公である咲子の変化の一面。
人生を悲観し自暴自棄になっていた咲子が、様々な人に出会い、自らのことを話し、誰かの話を聞くことのできる人間にまで成長していく姿は、徐々に緊張感の増していく展開と相まって観る者を勇気づけてくれた。
たとえば、詐欺師たちによる暗躍の一面。
黒川は自らの能力をいかんなく発揮し、周囲の人間たちをものの見事に欺いていく。二面性をもつ表情、彼の顔面がぐにゃりと曲がり大声をあげる瞬間、私たちは何度も恐怖を叩きつけられた。またもう一人の詐欺師、赤木の姿も忘れられない。黒川と違い、彼は終始どこか遠いところから俯瞰しているような態度をとり続ける。物語がどこに向かおうとしているのか、全てを最初から知っている。まさにブラックダイスとは、詐欺師の手のひらの上のダイスのような物語であり、登場人物の行動は全て彼の手玉にすぎなかったのだろう。黒川の上げる怒号がドキリだとしたら、赤木の罵声はゾクリ、不安を呼び寄せるのだ。
たとえば、個性豊かな登場人物に笑顔にさせられる一面。
シリアスな始まりを迎える物語、息を飲む緊張感に包まれた私たちに対して「もっと自然に楽しんで?」と語りかけてくるかのように、絶妙のタイミングでコメディが挿入されていた。しずくが急にエヴァの話をし始めたときは、思わずきょとんとしてしまい、そして、次の瞬間には笑いが堪えられなくなった。おどけた調子の古田は、ときにバカバカしく、だけどときにイケメンで、まさに三枚目と呼ぶにふさわしい、私たちを安心させてくれる人物だった。
たとえば、愛に涙する一面。
どうして、咲子は芽生に対して黒川の本性について話し、彼女に幸せになってほしいと願ったのか。どうして、成沢は咲子の正体に気づいていたにも関わらず、最後まで口に出さなかったのか。成沢が違法賭博にまで手を染めてしまった真意。咲子が見破ったイカサマとその理由。最後に黒川の口から漏れてしまった芽生への想い。復讐劇を題材にしているにも関わらず、ブラックダイスという物語には、誰かから誰かに対する愛情が根付いていた。誰かを悪者にして得る感動ではない、皆が救われることによる感動がたしかに、その舞台上にあった。
少し思い返すだけでも、書きつくせないほどの光景が頭の中にありありと蘇る。

では、これらミクロな感想を貫き通す、一本の筋を作りだすブラックダイス全体のテーマとはなんだったのだろうか。

私の回答はこうだ。
ブラックダイスとは「演じること」そのものをテーマにした作品だった、と。

咲子は実の父親を騙し、金を奪いとるために、本来の自分とは全くことなる”咲子”という人物を演じていた。
成沢は厳格な経営者たる自分と、娘を溺愛する自分、それぞれを互いに演じながら、自分の本性を隠していた。
芽生はワガママな自分と純粋な自分、そのふたつの演じ分けが自ら制御できず、周囲の人間からの誤解を招いていた。
黒川は計画を遂行するために好青年を演じ、芽生や成沢の懐へと潜り込んだ。

列挙してみるとやはり、彼女らは皆、本来の自分ではない誰かを演じていて、それが原因となって物語が廻っている。
考えてみると、そもそも、メインの舞台となるキャバレーとは、まさに「演じること」を商売にしている場所なのだから、このテーマにぴったりだと言える。。

そしてもう一点、「演じること」というテーマに深みを持たせているのが、終盤のカジノシーンだと私は考える。
ギャンブルとはつまり、演じる者同士の対決の場だ。演じきれなくなったものが負け、演じ通したものが勝つ。騙し合いの物語に決着をつけるのに、まさにふさわしい場所に違いない。

しかし、この物語の最後にはイレギュラーが発生する。
最後の大勝負を託された咲子は、父親に勝ってほしいという自らの感情に嘘がつけなくなる。つまり、演じることができなくなってしまうのだ。
演じることができなくなった彼女に待っているのは、本来負けのはず。
だが、彼女が手にしたのは大金と権利書、当初の目的であった勝ちを手にする。
いや、正しくは少し異なる。昔の自分にとっての勝ち、現在の自分にとっての負けを手にしてしまうのだ。

咲子は自らを振り返り、負けっぱなしの人生だと称する。その言葉に違わず、やはりラストのギャンブルは彼女の感じる負けで幕を閉じる。
しかしどうだろう、あの勝負の負けに、これまでの彼女の人生に影を落としていたような悲壮感は漂っていただろうか。
答えはNOだ。負けで幕を閉じたはずの物語は、その先、ハッピーエンドへと舵を切っていく。
それはなぜか。

もしや、あのダイスの回転が止まった瞬間、ブラックダイスという作品から「演じ切る=勝ち」の方程式が崩れ去ったのではないだろうか?

演じることをやめた咲子は、父親の本当の気持ちを知り、演技の象徴であるキャバレーを立ち去っていく。
経営者という責任から解き放たれた成沢は、ようやく古田に彼の周りで起こっている出来事の全てを話すことができた。
芽生は人によって分けていた表情がひとつになることで、純粋な女の子として皆の前で笑うことができた。
そして、黒川は演じきっていたはずの自分の本当の気持ちに気づきながら、舞台の闇へと消えていく。「お前はまだ戻れる」そう黒川に話す赤木の言葉も、演技ではない本心なのだろうと、私は信じたい。

さて、演じることから解放された登場人物だが、彼女らの歩みを見ているとあることに気づく。
それは「演じること」そのものが、その後の彼女らの人格形成そのものにつながっているということだ。

そのことが顕著なのはやはり、主人公である咲子だろう。
冒頭での彼女は陰険そのものだった。笑顔は一切見せない、人の思考を全て邪推する、猫背な姿勢。おおよそハッピーエンドを迎えるにふさわしくない。
しかし、彼女は別の自分を演じることで変わっていく。笑顔を覚え、人の話をしっかりと聞くようになり、礼を送る姿も様になっていく。
特に自分自身についてどう考えるかという点は、最初と最後で大きく変わっていた。
最初、彼女は「自分には何もない」というのを声高に嘆いていたが、キャバレーの客である八代と出会うことで、自分自身の持つ魅力というものに気づかされる。父親に対する感情が変わったのも、ひとりでは気づけなかった、自分自身の人生で積み上げてきたものに向き合うことができたからだろう。
余談にはなるが、私はこの八代と咲子の出逢いのシーンがこの舞台で一番印象に残っているほどに大好きだ。慣れ合うことの弱さを嘆き、孤独の強さを説く。八代こそがこの物語において「演じること」という鎖から除外された、革新をもたらしたキーパーソンなのだと考えている。

もうひとり、演じることが成長へとつながっていたのが成沢だ。
彼は芽生を甘やかしている自分と厳格な自分とを比べて「娘がこの自分の姿を見たら幻滅するだろう」と語っている。彼にとって演者たる自分とは恥ずべき存在なのだ。
だが、物語終盤、咲子に見せた成沢の表情は間違いなく、父親たる自分だった。父親ごっこを続けていたその顔で、彼はもうひとりの娘と向き合うことができたのだ。ここでもやはり、演じていたものがそのまま自分という人格の形成へとつながっている。
また、やはり成沢に対しても「演じること」の鎖から除外された、彼にとっての救世主が存在する。それが古田だ。彼が自らの信念を貫き通すことができたのは、古田への想いがあってこそであり、だからこそ成沢はこんなにも魅力的な人物として描かれていたのだ。

ブラックダイスは徹底して「演じること」を描きだした舞台だった。
そして観客たる私たちにその魅力を伝えてくれたのは、ほかでもない「演じること」を全身全霊でやり遂げた役者の皆様に違いない。
しばしば、演技を通じて役者自身が新たなものを得るという話を聞くことがあるが、なるほどそういうことなのかと、観劇を通じて知ることができた気がする。

最後に、初めて見たオリジナル作品の舞台がブラックダイスでよかったと、私は心から思う。すぐ目の前の舞台から伝わってくる迫力、空気の振動、ありありと瞳に映る演者ひとりひとりの表情。どれも忘れられそうにない。
「舞台っておもしろいな」と教えてくれたのは、この舞台に関わった全ての方々のおかげだ。興奮冷めやらない私は、また他の作品や、他の劇団を見るために劇場へと足を運んでしまうだろう。

「演じること」は舞台上だけでなく、観客席にいる我々までもを変えてしまった。
演劇という新しい世界への興味は、小さな花を私たちの胸に芽生えさせたのだ。

逢崎らい / @aisakiLie